top of page

アルミ複合板 について


アルミ複合板とは発泡ポリエチレン樹脂をアルミ板で挟んだ3層構造を持つ板材です。「アルミ樹脂複合板」や「アルミ樹脂積層複合板」とも呼ばれることもあります。

芯が樹脂なので非常に軽量です。 3mm厚×910mm×1820mmのアルミ板が約14kgあるのに対し、アルミ複合板は約4kgと半分以下の重さとなっていおりとても軽量です。 持ち運びが簡単で、運送費用の削減も期待できます。同時に強度も高いため、衝撃に対しては強く、多少の衝撃ではびくともしません。仮に強い衝撃が加えられても、芯材に発泡ポリエチレン樹脂が用いられており、板が割れることがないため安心です。また、取り付けや設置が比較的簡単で、構造上の負荷を考慮することができます。また、耐候性も持ち合わせており、日差しの強い場所や、雨にさらされる屋外環境でも使用することができます。鉄などに比べ錆にも強いため安心して長くお使いいただけます。更にコストが低く、低価格でのご提供が可能です。

当社では厚み3㎜のアルミ複合板を在庫しております。

アルミ複合版にシートを貼ってロゴや切り文字にしたり、アルミ複合版カット、穴あけ加工や角R加工なども対応可能です。側面塗装は対応しておりません。

また、当店ではアルミ複合板の板のみの販売も承っております。

一枚のサイズは36版(サブロクバン 910×1,820mm)となっており、サイズを指定していただければカットのサービスも行っております。アルミ複合板はご自分でカッターなどでカットはすることは可能ですが、実際にはかなり大変な作業になります。またカット面にバリが目立ってしまうことがあるのでおすすめ致しません。

優れた多くの特徴を持つアルミ複合板は、さまざまな用途に用いられています。広告や情報の表示に広く使用されています。建物の外壁に設置している場合や、道路沿いの看板として使用する場合など、あらゆる場所に設置することができます。



閲覧数:27回
bottom of page